死後の世界はないという者たちに ルカ20:27~40

 「復活があることを否定するサドカイのある者たちが・・・。」
                                            ルカ20:27
 「復活」を信じるのは、古代の非科学時代の人たちで、誇り高い現代人は、死人のよみがえり・復活なんて信じられないという。ところが、今日の聖書の箇所に、イエスの時代に、「復活否定論者」らがいたこと録されているのです。しかも、「サドカイ人」とは、当時の社会で上流に属する連中で、富、権力、名誉を手にした、政治家や神殿の祭司長らも輩出していた超特権階級の連中でした。
 ある人は言う「それ見ろ。昔だって知識階級の人たちは復活を信じていなかった。信じていたのは無知蒙昧な・・」と。
 ところが、聖書を注意深く読んでいただきたいのですが、初代教会は、この自称インテリ層をも反論できないほどに「キリストの復活の事実」をもって彼らを沈黙させ「復活信仰」こそが、初代キリスト教会の「宣教の中心」となっていたとこを思い出していただきたい。。
  さて、サドカイの何人かが、薄ら笑いを浮かべながら、イエスに恥をかかせようと迫ってきたのです。彼らが持ち出した議論は「男運の悪い女がいて、亭主に次から次へと死に別れ、7人の夫の妻になった。」
そこで、彼らは「すると、復活の際、その女はだれの妻となるか」と、カラカイ半分でイエスに言いがかりをつけてきたのです。
 さて、イエスは・・・、動ずることなく「死後の生活には、結婚関係はない。御使のようであり、また神のこどもになるのだから死ぬこともない」(34~36節参照)。サドカイ人らは死後の世界も現世界と同じと考えたところにあやまりがあったのです。蝉だってトンボだって、どろんこの中の幼虫生活と全く違った大空にへと飛翔して全く新しい生活形態に変わっていくではないか。
 さらに、イエスは死後の世界の存在証明に出エジプト記3章6節を引用し「私は『アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』」と。これは、サドカイ人も認めるモーセの書の一節です。モーセが神からこの一言を聞いたとき、アブラハム、イサク、ヤコブらはすでに500年以上も過去の人たちでした。それを、神は今も現在形で「私は『アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神』」と。かつて昔に彼らの神であったばかりか、今も私は彼らの神である、というのは、神は死者の神にあらず生けるものの神であると言われたのです。
 これには敵も舌を巻きました。「先生。りっぱなお答えです」と。(39節
。)イエスは、間もなく十字架の死を通し35日後に実際に死から復活して論より証拠を示されました。
 聖書の復活信仰は、イエスの目の前の否定論者を黙らせるほど確かなものであったのです。

コメント / トラックバック 1 件

  1.  suzuka より:

     死後の復活を信じることは、当時のサドカイ人のみならず、現代に生きる我々にとっても難しいことですが、それがあるとして、ルカの20:34,35 をもう一度聖書から引用しますと、“イエスは彼らに言われた。「この世の子らは、めとったり、とついだりするが、次の世に入るのにふさわしく、死人の中から復活するのにふさわしい、と認められる人たちは、めとることも、とつぐこともありません。・・・”
     主題には少しそれるかもしれませんが、復活後の人間関係について書かれています。なかなか、興味のもてる話で、こんな内容は他にマルコ12-25 (「人が死人の中からよみがえるときには、めとることも、とつぐこともなく、天の御使いたちのようです。」)にもあり、イエス・キリスト御自身が言われた言葉であり、重要だと思います。
    要するに、結婚をしないということは、子供も持たないし、家族もない。皆が神の子供として、独身者として永遠に生きるという解釈になると思いますが、いいでしょうか?
     私は理想の世界においては、これでよいと思います。36 節には“御使いのようであり”
    とも書かれており、要するに、異性を恋したり、愛したりするようなこともなくなることでしょう。今の世とはまるで違った、想像もできない世界が出現することになります。
     今の世から、異性関係を取り、家族を取ったら、味気ない世界になると思いますが、これは浅はかな人間の考えなのでしょう。思うに、この世の悪や悲劇の元凶には異性関係や家族の問題がある場合が多いように思えます。(もちろん、他に民族や宗教の問題もあります。)
     だが、この“次の世”に入るのは、容易ではないようです。“次の世に入るのにふさわしく、死人の中から復活するのにふさわしい、と認められる人たち”でなければならないようです。
     今回はとにかく、聖書が言うには、結婚とか、家族とかいう制度に拘束されるのは、この世限りのことである、ということを確認するにとどめます。